...

sweet azul suite

AWANE and his foundfootage orchestra

JABBERLOOPのトランペッターMAKOTOと、sauce81の別名義Bobby Bellwoodをフィーチャーしたダフト・パンクの隠れクラシック「something about us」の初CD/デジタル化に加え、超絶技巧のピアノ・ソロが炸裂する至極のジャズ・ダンサー「six men getting sick」、ヴァイオリン、フルート、ヴィブラフォンとパーカッションが順繰りにフレーズを繋いで行く軽快な室内楽「circle in the round」、Swing-Oの流麗なピアノとストリングスが奏でるエモーショナルな「sweet azul suite 3rd movement」、大阪発の伝説のバンドAFNICAのkeiklangによるキュートな歌声をJABBERLOOP/FOX CAPTURE PLANのメルテンの洒脱なピアノが包み、多幸感溢れるジャズ・ヴォーカル・チューン「music is always by your side」、人気急上昇のバンドonegramのギタリストbr'zをフィーチャーした「something about us」のドープなダブ・ヴァージョンなど、ジャズ、ネオクラシカル、アンビエント、ミニマルミュージックをはじめとした様々なジャンルを横断して唯一無二のグルーヴを奏でる美しくも奇妙なチェンバー・ミュージック !

アートワークは、音楽関係では、テイ・トウワ、スチャダラパー、キリンジ、木村カエラ、THE BAWDIES、グレイプバイン、PES from RIPSLYME、 ohana、クラムボン、東京ザヴィヌルバッハ、ハルコとフランシス、バッファロー・ドーター、野宮真貴、一青窈、ボニー・ピンク、オレンジ・ペコー、 ELT、山弦、宇多田ヒカル、竹村延和、井上陽水+奥田民生、福岡ユタカ、Keal’l ReichelらのCD/レコードジャケットやビデオクリップを手掛けてきたAWANE作品にはもはやお馴染みとなった伊藤桂司によるアルバムの世界観を絶妙に表現した6面デジパック+8Pブックレット仕様の豪華アートワークも最高 !

  1. pataphysical nuclear acid
  2. sweet azul suite 1st movement
  3. six men getting sick
  4. funeral parade of roses
  5. sweet azul suite 2nd movement
  6. session @ sonimage-Lab.
  7. 1/f flactuation
  8. something about us (album mix) feat. Bobby Bellwood a.k.a Sauce81, MAKOTO (JABBERLOOP)
  9. full fathom five
  10. a digression
  11. circle in the round
  12. weet azul suite 3rd movement feat. SWING-O
  13. music is always by yourside feat. KEIKLANG(AFNICA), MELTEN(JANBERLOOP/FOX CAPTURE PLAN/POLYPLUS)